NEW
草野かおる「災害に備える!」

冬の災害、停電でも死なないための防災術…カセットコンロ、電気不使用の調理器具

文=草野かおる/イラストレーター・防災士
【この記事のキーワード】, ,
冬の災害、停電でも死なないための防災術…カセットコンロ、電気不使用の調理器具の画像1
手づくり保温調理器具でスープパスタもつくれる

 地震国に生まれた私たちは、いつどこで大地震に遭うかわかりません。特に冬場の自然災害は、深刻な二次災害のリスクがあります。近年の巨大地震の代表「阪神・淡路大震災」と「東日本大震災」の発災日はそれぞれ、1995年1月17日、2011年3月11日と寒い時期でした。

 地震で起きる生き埋めは、寒さによる凍死につながります。地域によっては、雪の影響で救助活動が困難になってきます。ライフラインが止まったままでの避難生活は、震災関連死の増加につながります。

冬の防災対策

 冬の寒さが厳しい地域では、真冬の停電は死活問題。長時間の停電で暖房が使えなければ、室内にいても寒さから生じる低体温症や凍死のリスクもあります。石油ストーブ、ガスストーブでも、温風ヒーターのように電源が必要になると、停電時では使用できません。寒冷地であれば、電源不要で点火できる暖房機器を備えておきましょう。

カセットコンロの活用

「在宅避難」に必須なのが「カセットガスコンロ」です。温かい食事をとれることが一番の魅力ですが、その他、湯たんぽ用のお湯を沸かしたりすることもできます。カセットコンロは使い方にもよりますが、約1時間ほどでガス缶1本を消費するので、その点を考慮して揃えておくといいですね。

 4人家族であれば一日4本を目安にガス缶を備蓄しておくと安心でしょう。非常時には、当然ガス缶も品切れ状態になることが予想されます。工夫しながら、ガスを節約する知恵も必要です。

 ダンボール、毛布、新聞紙で「簡易保温調理器具」がつくれます。ガスを節約する方法として、覚えておきましょう。

使い捨てカイロを3倍長持ちさせる方法

 使い捨てカイロは、空気に触れることによって化学反応を起こして「発熱」する仕組みです。カイロはいったん開封したら使い切りで、1日で文字通り「使い捨て」ですが、裏技で長持ちさせる方法があります。

冬の災害、停電でも死なないための防災術…カセットコンロ、電気不使用の調理器具の画像2

 

 使ったカイロを密封できる保存袋に入れると、発熱が止まって「休眠」状態になります。そして使いたいときに、保存袋からカイロを取り出して、シャカシャカ振ると再び発熱してくれます。昼間使ったカイロを保存袋に入れ、翌朝シャカシャカ振って発熱させ使用する。使い方にもよりますが、私が試したところ、3日は問題なく使用できました。

 余談ですが、使用済みのカイロには「消臭効果」があります。成分の活性炭が、ニオイ成分を吸着してくれるからです。使用済みのカイロを靴の中や下駄箱に入れておくなど、活用してはいかがでしょう。

冬の災害、停電でも死なないための防災術…カセットコンロ、電気不使用の調理器具のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!