NEW

ローソンの冷凍食品の進化が凄まじい…骨なしスペアリブ&ローストビーフが絶品

文=清談社
【この記事のキーワード】, , ,
ローソンの冷凍食品5品
ローソンの冷凍食品5品

 ローソンの「プレミアムロールケーキ」といえば、コンビニスイーツブームの火付け役とも呼べる大ヒット商品。以降も「バスチー」や「生ガトーショコラ」など数多くのヒットスイーツを生み出し、今や「ローソンといえばスイーツ」というイメージを確立しつつある。

 さらに、最近は「冷凍スイーツ」や「冷凍ベーカリー」も豊富。マカロンやフォンダンショコラ、デニッシュなど、専門店でしか買えないようなラインナップで話題を呼んでいる。もちろん、強化されている冷凍食品はスイーツ系やベーカリー系に限らない。定番の冷凍惣菜にも「これがコンビニのクオリティ?」「冷凍食品でここまでできるの!?」とびっくりするような商品が増えているのだ。

 そこで今回は、ローソンの冷凍惣菜の中から、「これがコンビニの冷凍食品?」と驚くような目新しい商品を5つチョイスして紹介する(各種情報は調査時点、価格はすべて税込み)。

砂肝にんにくまみれ/268円

 最初に紹介する「砂肝にんにくまみれ」は、とにかくビールやハイボールなどのアルコールドリンクとの相性が抜群な商品だ。コリコリ食感の砂肝が、ガツンとパンチの効いたにんにくで味付けられている。さらに、にんにくの芽も入っており、看板に偽りのない「にんにくまみれ」な一品だ。さらに、ブラックペッパーがかなり存在感を発揮していて、パンチのある仕上がりに。このスパイシーさも、アルコールが進む一因を担っている。

ローソンの冷凍食品の進化が凄まじい…骨なしスペアリブ&ローストビーフが絶品の画像1

 内容量は120gとそこまでボリュームがあるわけではないが、歯応えのある砂肝なので満足感も得やすい。また、脂質4.4g、糖質8.4g、たんぱく質19.8gと、意外にヘルシーで、ボディメイクに気を使っているビジネスパーソンでも罪悪感なく食べられるおつまみだ。

ルーローハン/430円

 続いて紹介する「ルーローハン」も、体型が気になるビジネスパーソンにはうれしいロカボ商品だ。こちらはナチュラルローソンブランドの冷凍食品だが、一部のローソンにも置かれている。プチブームを巻き起こしている台湾料理が電子レンジ調理だけで食べられるとは、ローソンの冷凍食品の進化はすさまじい。

ローソンの冷凍食品の進化が凄まじい…骨なしスペアリブ&ローストビーフが絶品の画像2

 肝心の味はというと、アジア料理でよく用いられる五香粉と八角がふんだんに使われており、かなり本格的。独特の風味はするものの、全体的に日本人好みの甘辛い味付けにまとまっていて、それほどクセは強くない。豚と鶏の合挽き肉に、タケノコと椎茸の食感がアクセントになっている。しかも、ご飯はヘルシーな麦ご飯。黄身がとろける半熟目玉焼き風の玉子や、しょっぱい高菜の塩漬けなど付け合せのレベルも高く、満足度の高い商品だ。

3種豆のチリコンカン/300円

 ルーローハンの他にも、ローソンの冷凍食品は海外のメニューが豊富。この「3種豆のチリコンカン」もメキシコ風アメリカ料理をモチーフにしており、日本のコンビニではなかなかお目にかかれないメニューだ。

ローソンの冷凍食品の進化が凄まじい…骨なしスペアリブ&ローストビーフが絶品の画像3

RANKING

23:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合