NEW

推し活ブームの裏でトラブル続出の実態…中高生の親が読むべき「推し活の教科書」

文=鶉野珠子/清談社
【この記事のキーワード】, ,
女子中学生たち(「gettyimages」より)
「gettyimages」より

 東京法令出版は、その名の通り、警察や司法関係者向けの法令書や実務書を出版・販売している。そんな同社の刊行物の中で異彩を放つ存在が、今年2月に発売された『清く・楽しく・美しい推し活 推しから愛される術』(河西邦剛、松下真由美)という一般向けの書籍だ。

 同社の編集担当は、この本の出版経緯について、累計発行部数73万部(2022年7月時点)のベストセラー書籍『こども六法』(山崎聡一郎/弘文堂)がヒントになったと語る。

Z世代はほぼ全員“推し”がいる

「『こども六法』は難解な法律をイラスト付きで子どもにもわかりやすく示した本で、我々も法令書を扱う会社として、『世の中の人がもっと法律を身近に感じる書籍をつくれるのでは』という意識が芽生えたのです。私自身も『推し活』をしている中でファンの迷惑行為を見聞きすることが頻繁にあり、法律の視点から推し活における問題行動を取り上げる本があってもよいのではと考え、企画にしました」(編集担当)

「推し活」とは、簡単に言えばファン活動のことを指す。アイドル、アーティスト、俳優、タレント、お笑い芸人、キャラクターなど、自分にとって他人に「推したい」ほど好きな対象を“推し”と呼び、それを応援する活動を「推し活」と呼ぶのだ。

 今や若い世代にとって“推し”がいることは当たり前で、Z世代を対象としたシンクタンク組織のZ総研が公開した「リアルZ世代のトレンドを調べるZ総研トレンド通信~Z総研トレンド通信Vol.12『オタ活編』~」によると、「推しはいますか?」という質問に対し、調査対象者のうち96.3%が「はい」と回答している。

「『推し活』におけるNG行為について自分自身で学ぶ場やツールは少なく、ネットで検索しても、個人の感覚やマナーの範囲内で語られている情報が多いため、大勢の人が疑問や悩みを抱えています。『法律』を根拠にした情報を提示することで、そのモヤモヤを解消し、何気なく行われることも多い迷惑行為に対して問題意識を持ってほしいと思い、出版に至りました」(同)

知らぬ間に我が子が加害者になるケースも…

 ブームが拡大し、推し活を楽しむ人口が増えていけば、比例してトラブルも増えていくのは自然なことだ。本書の著者の一人である松下真由美弁護士は、「特にSNSでのトラブルが多いです」と話す。

「情報収集やファン仲間とのコミュニケーションなど、推し活においてSNSは欠かせないツールです。それゆえにトラブルも多く、チケット譲渡詐欺や画像・動画の無断転載、誹謗中傷などについて、本書でも取り上げています」(松下氏)

 デジタルネイティブ世代である今の中高生は、SNSでのやり取りが盛んだ。さまざまな情報にアクセスする術も、大人以上に熟知している。行きたいライブのチケットがハズレてしまった……。推しが出ている雑誌が欲しいけどお金がないから買えない……。そんなとき、推し活に勤しむ中高生たちはSNSでチケットを譲ってくれる人や、雑誌の誌面をアップロードしている人を探す。

『清く楽しく美しい推し活 推しから愛される術』 多くの人が「推し活」を楽しむ時代。一方で、著名人に対するストーカー行為やSNSでの誹謗中傷などが、世間で大きな問題になっています。本書は、『愛するものを清く楽しく応援』して、『推しを愛し、推しから愛してもらう』ための指南書です。推しがいる方にとって身近なテーマを取り上げ、「法的に正しい」「推しに愛される推し活」とはどんなものかを芸能・知財分野に詳しい弁護士が丁寧に解説しています。NG事例だけでなく、推しが喜ぶ応援コメントなど、推される側の声も取り込んでいます。アイドルや声優・俳優・スポーツ選手などを応援する方はもちろん、熱狂的なファンの気持ちを知りたい! という方にもおすすめの一冊です。愛する推しがいるみなさま、本書をぜひご一読ください。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

23:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合