NEW

SMAP解散も「後釜なし」!? 嵐がSMAPに「まずなれない」深刻すぎる理由とは?

【この記事のキーワード】

, ,

terebirimokon.jpg

 13日深夜、正式に「解散」することが分かったアイドルグループSMAP。すべては現実であり、日本を代表するアイドルグループにの歴史が終わることは、純然たる事実である。

 メンバーの多くが40代となり、近年はコンサートの回数も減少していた。ダンスにキレがないという話もあり、ファンも徐々に離れていったのも現実。もはや「アイドル」として活動するには厳しかった現状を鑑みれば、メンバー間の気持ちや意図は別として、「潮時」だったのではとも思わせる。

 今回の騒動、そして結論がなくとも、SMAPはアイドルグループとしての「限界」を迎えていた可能性は高い。世間に定着しすぎたが故、退くタイミングを見失った感もあるだろう。

 テレビ局なども、SMAP以上のアイドルコンテンツが存在しなかったからこそ、ここまで長く最前線で起用し続けたのだろう。それをこなし続けられるSMAPメンバーのすごさ
はもちろんあるが……。

 見えてくるのは、SMAPに代わるグループ、アイドルの不足であり、ジャニーズ事務所そのものの「枯渇」のように思える。

 現状、SMAPの「後釜」として真っ先に思い浮かぶのがとなるが、それは「苦しい」と言わざるを得ないと、メディア関係者は語る。

「嵐はドラマでもメンバーそれぞれが主演でやれて、視聴率も確保しています。ただそれはあくまでも『個人』で、グループとしてのバラエティ番組などは数字も軒並み低調。ファンの多さは他のグループと比較しても抜けているでしょうが、どことなく”頭打ち”な印象も否めません」(メディア関係者)

 嵐は現在、SMAPが芸能界で隆盛を極めた時期の年齢に近い。もちろん人気はかなりのものだが、SMAPほど世間に浸透しているかというと疑問は残る。要因はどこにあるのか。

SMAP解散も「後釜なし」!? 嵐がSMAPに「まずなれない」深刻すぎる理由とは?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!