NEW

アパートの隣の部屋から騒音、壁ドン…4年で3回も引っ越しを余儀なく、究極の対処法は?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より
 他人同士が同じ建物内で生活するマンションやアパートでは、ささいなことがきっかけでトラブルになることも多い。しかし、「たかが隣人トラブル」と軽く考えてはいけない。過去には隣人トラブルで何度も殺人事件が起きており、2017年にも、騒音が原因で隣の住宅に住む高齢女性を殴って死亡させる事件が発生している。


 こうした事件に巻き込まれないためには、隣人とのトラブルにどう対処するのが正解なのだろうか。アパート2棟を所有するオーナーに話を聞いた。

隣人トラブルで4年で3回の引っ越し


 最初に、実際に隣人トラブルに巻き込まれた住民の例を紹介しよう。

 東京都内に住む布川勝さん(仮名、26歳)は、4年間で3回の引っ越しを余儀なくされた。原因は、すべて隣人トラブルだ。いったい何が起きたのか。

「最初に住んだのは、家賃5万円のアパート。『鉄筋コンクリートだから隣の部屋の音の心配はいらない』と思いきや、住んでみると洗濯機を回す音や家具を移動する生活音がけっこう聞こえる。でも『お互いさまだ』と思い、私は特に気にしていなかったんです」(布川さん)

 ところが、隣人は違った。布川さんの友人が部屋に泊まりに来て談笑していると、隣から壁を叩く音が聞こえた。いわゆる“壁ドン”だ。

「『うるさかったのかな』と思い、そのときは会話のボリュームを下げました。ところが、その日以降、ことあるごとに壁ドンされるようになりました。こっちは、隣の生活音が気になることがあっても我慢していたんです。いい加減うんざりして、ある日私から壁ドンすると、信じられない衝撃でドンドンドンッと連続で壁ドンが返ってきました。『もうダメだ』と思い、引っ越しました」(同)

 しかし、運が悪いことに、引っ越し先でも隣人トラブルに巻き込まれる。隣に住む大学生が毎晩、友達と部屋でどんちゃん騒ぎを繰り広げたのだ。

「管理会社にクレームを入れたら『騒音注意』のポスターを貼ってくれたのですが、まったく効果がありませんでした。そこで、もっともうるさかった日に、ついに近隣住民を装って警察に通報したんです」(同)

 その効果で数日は騒ぎが収まったが、しばらくすると再びどんちゃん騒ぎが始まり、布川さんはまたも引っ越しを余儀なくされた。「同じ轍は踏むまい」と、次のアパートは鉄骨鉄筋コンクリートの角部屋を選んだという。

 ところが、騒音トラブルの原因となるのは同じアパートだけではなかった。

「アパートの真横に一戸建てがあったのですが、その家の窓から毎日音楽が流れてくるんです。しかも、けっこう大きな音で。今度は『もう直談判するしかない』と思い、その家まで行って騒音の苦情を入れました」(同)

 しかし、先方との話し合いはこじれ、危うく喧嘩に発展しかけたという。結局、三度目の引っ越しをするはめになってしまった。布川さんは言う。

「大家さんは近くにいないし、管理会社もまともに対応してくれない。警察に言っても意味がない。正直、隣人か大家に引っ越し費用を負担してもらいたいくらいです」(同)

アパートの隣の部屋から騒音、壁ドン…4年で3回も引っ越しを余儀なく、究極の対処法は?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、アパートトラブルマンション管理会社騒音の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事