NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

少ない睡眠時間でも快適かつ有益に過ごす方法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 秋の夜長、みなさんはいかがお過ごしでしょう。夜長とはいえ、忙しくビジネスパーソンライフを送っている皆さんには、仕事のプレッシャーや忙しい日々のストレスで、眠りが浅い、寝付きが悪いなど、結果的に寝不足で一日を過ごしている方も少なくないのではないでしょうか?

 経済協力開発機構(OECD)が2014年に行った調査では、日本人の平均睡眠時間は、世界でも最低水準(加盟 26 カ国の平均睡眠時間は 8 時間 19 分、日本人は 7 時間 43 分で下から二番目)だったそうです。04年に発表された米ペンシルバニア大学のドンゲンらが行った実験によると、頭がクリアな状態で一日を生産的に過ごすためには1日8時間の睡眠が必要だということ。しかし、仕事や会食、飲み会、帰宅してからも家事の負担など、日々忙しく過ごしているビジネスパーソンには、非現実的だという方も多いでしょう。

 睡眠不足だろうがなんだろうが、容赦なくやってくるのが、納期、締切、トラブルです。24時間という時間だけは、地球の自転の速度を変えない限り変えられないし、やることを減らすこともできない。八方塞がりです。

 しかし、そんなみなさんに朗報です!
 
 米コロラド大学の研究で、寝不足の日でも効率的に過ごせる方法が発見されたのです。それはなんと、「あ~今日はよく寝たなー」と頭の中で思い込むことなんです。なんだか冗談みたいな話なのですが、これが科学的に有効であると証明されたのです。

 この実験では、被験者に実験を行う上での必要な知識として、「大人は睡眠時間の20~25%がレム睡眠であり、これよりもレム睡眠の割合が少ない場合、テスト等では低いパフォーマンスしか発揮できない。反対に、睡眠時間の25%をレム睡眠で過ごした場合、テストでは高いパフォーマンスを発揮でき、良い成績を収められる」という嘘の情報を与えました。

 その上で被験者に脈拍や心拍数、脳波等を計測するための装置を装着してもらい、「これらの装置で、昨夜あなたがどのくらいレム睡眠をとったかを測定します」とアナウンスをし、各々の被験者に16.2~28.7%の範囲での虚偽のデータを教えました。なお、実際には脳波しか計測しておらず、レム睡眠をどれくらいとったかは計測していませんでした。

 その後、被験者には、聴覚と処理スピードを測るテストを行いました。これらのテストは、睡眠不足が最も関連する内容なのです。すると、実験の結果、実際の睡眠時間に関係なく、平均以上(25%以上)のレム睡眠時間をとったと伝えられた被験者は総じてテストでいい結果を残し、平均以下の被験者はテストで平均点以下の結果しか残すことができなかったのです。

 この実験から、実際の睡眠時間にかかわらず、「自分はよく寝た、しっかり休んだのだ」と思い込むことによって、翌日の自分のパフォーマンスをアップすることができるというわけです。つまり、プラセボの一種ですね。

少ない睡眠時間でも快適かつ有益に過ごす方法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、レム睡眠暗記睡眠不足の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事