NEW

無印良品、絶対買うべき商品リスト5…安い&美味い&手間いらずで“神”!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素材を生かしたカレーバターチキン(「無印良品 HP」より)

 シンプルながら高品質な商品展開で、老若男女問わず多くの人から愛されている無印良品。2018年2月期の営業収益は、前期比13.9%増となる3795億円を記録しており、15期連続で増収という驚きの絶好調ぶりを見せている。

 無印良品を運営する株式会社良品計画が設立されたのは1989年のこと。大手スーパーマーケットチェーン・西友のプライベートブランドを前身としており、ブランド性を持たせないことで価格を抑えたい、という意味を込めて「無印良品」という名がつけられた。その低価格で高品質な商品展開によってバブル崩壊後も順調に売上を伸ばし続け、今では2018年2月期の時点で国内外合わせて928店舗を有する、世界的な企業にまで成長しているのである。

 そして、多彩な商品展開をする無印良品のなかでも、特に品質と製法へのこだわりが顕著に表れているのが、食品だ。

 しかし、その評判はかねがね聞いてはいるが、膨大な商品のなかからどれを選べばいいのかわからない、と思っている方も多いのではないだろうか。そこで今回、編集部では、700点以上販売されている食品メニューをリサーチ。無印良品の絶対に買うべき食品を独断で選ばせてもらった。

「素材を生かしたカレー バターチキン 180g(1人前)」/350円(税込、以下同)


 無印良品のレトルトカレーは、どれも本格的な味わいだと高い評価を得ている。そのなかでも格別の人気を誇るのが、今回紹介する「バターチキンカレー」である。2017年には250万個を売り上げ、無印良品の食品以外も含む全商品のなかで売上ナンバーワンに輝いた、不動の大人気商品だ。

 やはり特筆すべきは、その味だろう。ほのかに香る上品なバターの風味や、食欲を増進するようなトマトの酸味、そしてスパイスの香り高さを兼ね備えながらも、まろやかで甘みのある味わいにまとめられた絶品なのである。

 なんでも本商品、本場インドのカレーを再現すべく、開発担当者がインドに赴き、300食以上ものカレーを食べて研究した末に生まれたのだという。本格的な味と手軽さ、そして低価格をすべて兼ね備えた、誰もが納得の良品といえる。

「チキン味 ミニラーメン120g(4個)」/120円


「チキン味」「こがし醤油味」「トムヤムクン味」「キムチ味」という4種類がラインアップされている、無印良品の「ミニラーメン」。乾麺自体にスープの味付けがされているため、お湯を注ぐだけでラーメンになるという簡単で手間いらずな商品だ。

無印良品、絶対買うべき商品リスト5…安い&美味い&手間いらずで“神”!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、レトルト食品無印良品西友の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事