NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

非正規救済のための「休業支援金・給付金」制度がひどすぎる…事業主が拒否すれば却下

文=神澤志万/国会議員秘書
非正規救済のための「休業支援金・給付金」制度がひどすぎる…事業主が拒否すれば却下の画像1
加藤勝信厚生労働大臣(写真:つのだよしお/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 全国の豪雨災害で被災されたみなさまに、心よりお見舞いを申し上げます。国会は6月17日に閉会しましたが、豪雨災害や新型コロナ対策でいろいろ動いております。

 与野党で「閉会中も審査を毎週開きましょう」と申し合わせた通り、毎週水曜日に委員会が開かれています。7月15日にもテレビ入り(NHK中継)の衆議院予算委員会が行われる予定ですが、首相出席の集中審議ではなく、政府側は西村康稔経済再生担当大臣のみの出席で、ほかは有識者3名のみによる参考人質疑です。

 閉会直後は解散総選挙の話題にも熱が入りましたが、豪雨災害とコロナ感染者の増加を受け、解散説は下火になったように感じます。10月25日の補欠選挙に合わせての解散総選挙は非常に困難でしょうね。

 永田町では、9月は内閣改造にとどめて、解散はアメリカ大統領選挙(11月3日)後、11月中に行われるだろうと言われ始めています。

新たな「休業支援金・給付金」の不親切な設計

 永田町には、選挙以上に大事なことがたくさんあります。まずは、コロナと甚大な豪雨災害の対策ですね。

 コロナの影響で景気が悪くなり、ただでさえ生活が苦しいのに、今回の被災で農業へのダメージもあります。安倍晋三首相も被災地へ入りましたが、正直パフォーマンスにすぎません。「災害復旧の予算と予備費を合わせて4000億円を上回る予算を活用して、対策パッケージを早急に取りまとめる」と言っていますが、本当の意味で必要な救済措置を用意してくれるのでしょうか。被災地のみなさまの心が折れないことを祈るばかりです。

 それにしても、7月に入ってコロナの感染者が増え続けていますね。PCR検査の件数が増えていることもあるのでしょうが、心配です。10日からは、コロナの影響で休業を余儀なくされた労働者のうち、事業主から休業補償を受けられなかった方を対象にした「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」の受付がスタートしました。

 神澤も「やっと始まったか……」と待ち望んでいた方々に情報提供したのですが、喜んだのもつかの間、この申請手続きがひどいものです。よく読んでみると「ふざけるな!」の一言です。

 そもそも、真っ当な事業主は「雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)」制度を活用して、従業員に休業の補償をしています。手続きは煩雑なのですが、特例で日額の上限は1万5000円になっていて、事業主への還付率も100%なので、経費の面では損がないように配慮されています。

 一方で、7月10日から始まった制度は、事業主からの休業補償を受けられなかった人が申請できる画期的なものだったはずなのに、申請書類には事業主の記入欄があるのです。事業主に記入してもらえなかった場合、その旨を記載すれば申請はできるようですが、労働局が事業主に問い合わせて「休業はコロナによるものではない」と言われれば、却下されてしまうそうです。

 本来は、雇用保険に加入していないアルバイトやパートなど非正規雇用のみなさまを救済するための制度なのですから、もっと使い勝手のいいものにしてほしかったですね。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ