マック、この冬「コスパ最悪」と不評な5品…薄っぺらすぎるホットケーキ、塩辛いマフィンの画像1
マクドナルドの店舗

 大手ハンバーガーチェーン店の代表格である、日本マクドナルドホールディングスが展開するマクドナルド。2020年10月時点の店舗数は2914店舗となっており、ライバルチェーン店のひとつであるモスバーガーが1300店舗弱であることを考えると、その2倍以上を誇る強さは圧倒的だろう。

 一方、新型コロナウイルスの猛威はとどまることを知らず、その影響はさまざまな飲食店に大打撃を与えている。だが日本マクドナルドホールディングス発表のデータによると、2020年の全店売上高は、第1四半期(1~3月)は前年同期比5.9%増、第2四半期(4~6月)は同6.4%増、第3四半期(7~9月)は同7.2%増と、苦境を逆手に取り右肩上がりの数字を叩き出しているのだ。

 さて、そんなコロナ禍にあって、むしろ人気を高めたマクドナルドは、美味しくコスパも良いメニューが数多くあるが、なかには残念ながら評判があまり良くない商品もある。そこで今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が、「この冬、買ってはいけないマックの商品」を5つチョイス。ぜひマックを利用する際の参考にしていただきたい。

チキンマックナゲット 15ピース/期間限定価格390円(税込、以下同)

マック、この冬「コスパ最悪」と不評な5品…薄っぺらすぎるホットケーキ、塩辛いマフィンの画像2

 誤解があってはいけないので最初にお伝えしておくと、今回取り上げたいのは「チキンマックナゲット」に付属する新味ソース2種についてである。

 毎年クリスマスが近づくと、「チキンマックナゲット 15ピース」が390円に値下げされて販売される(2021年1月5日までの期間限定価格)。通常価格580円から200円近く値引きされており、お得度が増しているのである。「チキンマックナゲット」自体の味は申し分ないし、値下げされてコスパも上々となれば、こちらを買うことに異論はない。むしろおすすめだ。

 問題は、今年新登場したソース2種、「伊勢海老と紅ズワイガニのソース」と「トリュフ香るパルメザンチーズソース」。インターネット上の口コミを見ると、この新しく登場したソースに対して、「新しいソースが微妙」「まずくはないけどマスタードのほうがいい」といった不満の声が少なくない。

 実際に試食してみると、極端に不味いわけではないのだが、名前の高級さが壮大すぎるからか、味のチープさが目立ってしまうというのが率直な感想である。この2種のソースをつけて食べるぐらいなら、何もつけずに食べたほうが美味しいとさえ感じた。新しい味に挑戦してみたいというチャレンジャーは一度試してみてもいいかもしれないが、従来からあるマスタードソースやバーベキューソースにしておくのが無難だろう。

スパイシーチキンバーガー/200円

マック、この冬「コスパ最悪」と不評な5品…薄っぺらすぎるホットケーキ、塩辛いマフィンの画像3

 2020年1月3日付当サイト記事『マック、今冬買ってはいけない商品5選…倍チキンクリスプ、夜マックで“逆に損”の落とし穴』でも紹介した、“スパチキ”の略称でおなじみの「スパイシーチキンバーガー」。こちらをあらためて“買ってはいけない商品”に推しておきたい。

 スパイシーチキンと名乗るだけあってソースのスパイスが効いていて辛味が強いため、まず辛いものが苦手な方は避けるべき商品といえる。また、SNSなどの口コミでは、辛味と同時にガーリックの味と匂いがきついため、「口に含んだ瞬間のパンチが強すぎる」という声も少なくないのである。

 味自体は不味いというわけではなく、美味しいと感じる方も当然いるだろうが、人を選ぶ商品といえるので、購入前には注意が必要だろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合