NEW

この夏、本当に使える節電グッズ5選!冷蔵庫カーテン・窓用遮熱シートで電気代節約に

文=清談社
【この記事のキーワード】, ,
「メルカリ」より
メルカリ」より

 今年の夏はダブル高気圧の影響で、平年以上の猛暑を覚悟しなければならないという。エアコンをガンガンに効かせたいところだが、電力供給が逼迫しており、各家庭では節電が求められている。さらに、電気代が高騰しており、いかに節電しながら暑さを乗り切るかと、思い悩んでいる人は多いのではないだろうか。

 そこで今回は、大手フリマアプリ「メルカリ」から、猛暑でも快適に過ごすための節電グッズを独断で5つ選んでみた。比較的安く購入できるメルカリで、活用できそうな節電グッズを探してみてほしい(各種情報は調査時点)。

節電窓シート

 エアコンをつけていてもなぜか暑い……。その主な原因は、窓からの太陽光による熱の影響だといわれる。ガラスは熱伝導性が高いため、夏場は約7割もの熱が室内に入り込んでいるという。逆にいえば、窓周りの熱対策を徹底していれば、室内の気温上昇を抑えられ、クーラーの設定温度を下げることが可能になるのだ。

この夏、本当に使える節電グッズ5選!冷蔵庫カーテン・窓用遮熱シートで電気代節約にの画像1

 遮熱カーテンやグリーンカーテンなど、窓周りの熱を減らすアイテムはいくつか存在するが、中でもオススメなのは窓に貼るタイプの遮熱シートだ。窓のサイズは各家庭によって異なるが、シートであれば切り貼りして簡単にサイズを調整することができる。探せば数百円台で購入できる商品もあり、遮熱カーテンを新調するよりもコスパがいい。

 窓用の遮熱シートには、UVカット機能が付いていたり、外部からの目隠しに使えたりするものも多い。また、柄付きタイプもあるため、好みに合わせて窓の雰囲気を変えてみるのもよさそうだ。

ヘアドライ手袋

 室内の湿度が上がりやすい真夏は、風呂上がりのドライヤーがストレスとなる。暑い、うるさい、そして髪が乾きにくいと三重苦で、しかも電気代がかさみがち。特に毛量が多いと、頭皮のジメジメ感が残りやすかったり、熱風を長時間あてることになって髪が傷んでしまったりする可能性もある。

この夏、本当に使える節電グッズ5選!冷蔵庫カーテン・窓用遮熱シートで電気代節約にの画像2

 そんな人にオススメなのが「ヘアドライ手袋」だ。ふわふわのマイクロファイバー素材でできており、片手に手袋をはめて髪を触るだけで、髪の水分をたっぷり吸収してくれる。ドライヤー代わりになるため、節電にもなるだろう。また、このヘアドライ手袋は半年から1年ほど使い続けられるため、コスパがよく、買い替えの手間も省けそうだ。

 もちろん、ドライヤーと併用すれば乾燥時間の短縮となる。ただし、片手のみにヘアドライ手袋をはめていると、ドライヤーを持ち変えるときに面倒という口コミも。可能なら2つ購入し、両手にはめて乾かすのもアリかもしれない。

冷蔵庫カーテン

 暑さが厳しくなるほど、冷えた飲み物やアイスなどを求めて、つい冷蔵庫に手が伸びる回数が増えてしまうもの。家族がいれば、そのたびに冷蔵庫の開閉が増えてしまい、冷気が外に逃げて庫内の温度が上がり、さらに電力を消費することになってしまう。

この夏、本当に使える節電グッズ5選!冷蔵庫カーテン・窓用遮熱シートで電気代節約にの画像3

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合