NEW

毎晩3時間も夜泣きの赤ちゃんが一瞬で泣き止む…話題の「スワドルアップ」の秘密

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
毎晩3時間も夜泣きの赤ちゃんが一瞬で泣き止む…話題の「スワドルアップ」の秘密の画像1
「スワドルアップ」(写真:マザースマイル社提供)

 育児で多くの親たちを悩ませる赤ちゃんの夜泣き・寝かしつけ。なかなか寝てくれない、寝たとしても長く寝てくれない、抱っこでの寝かしつけが体力的にきついなど、悩みが尽きない人も多いだろう。そんな夜泣き・寝かしつけ対策のグッズとして、今にわかに人気を呼んでいるのが「スワドルアップ」という商品だ。

 ある購入者いわく、毎夜決まった時間に2〜3時間ほど大泣きし、何をしてもまったく泣き止まない赤ちゃんに頭を抱えていた頃に、知人に勧められたスワドルアップを試してみたところ嘘のようにピタッと泣き止み、あっという間に寝てしまった――というのだ。

 そこで今回は、そんな劇的な効果報告が相次いでいるスワドルアップの日本総代理店、株式会社マザースマイルの広報担当者に商品の魅力について話を聞いた。

世界累計販売数1000万着以上、世界中で愛される「スワドルアップ」

 スワドルアップはオーストラリア発のブランド「LOVE TO DREAM」が開発した。まずはこの商品が誕生するまでのエピソードや、日本での販売経緯などについて聞いた。

「スワドルアップは簡単に言うと、赤ちゃんを抱っこするためのグッズである『おくるみ』の一種になります。かつてデザイナーをしていたLOVE TO DREAMの創業者であるハナ・リア・クラウチャックが、当時自身が悩まされていた子どもの夜泣きを解決するために、自分でおくるみをデザインしたのが始まりです。

 試作をするなかで、赤ちゃんがよく両手を上げて寝ていたことに気がついたハナは、そのポーズを生かしたデザインを考案。このデザインの効果はてきめんで、夜泣き続きの赤ちゃんがピタリと泣き止んだそうです。この試作品をもとに、スワドルアップは誕生しました」(広報担当者)

 そんな同商品だが、一体どれくらいの人気を集めているもので、いつ頃から日本で販売されているのだろうか。

「オーストラリアでの販売開始後、アメリカ、カナダ、イギリス、南アフリカ、シンガポール、タイ、インドネシア、台湾、韓国と、現在世界43カ国で販売されています。これまでの世界累計販売数は1000万着以上。その後日本にも上陸し、2017年からは弊社が総合代理店として販売に携わらせていただいております」(同)

赤ちゃんの“自己安定”を促す自然なデザインが、夜泣き防止の秘密?

 夜泣きを止めると評判のスワドルアップの秘密を探るには、まず「おくるみ」の効果について周知しておきたいと広報担当者は語る。

毎晩3時間も夜泣きの赤ちゃんが一瞬で泣き止む…話題の「スワドルアップ」の秘密のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合