NEW

コメダ新作「シロノワール ブラックサンダー」実食!衝撃の美味だが難点も

取材・文=文月/A4studio
コメダ新作「シロノワール ブラックサンダー」実食!衝撃の美味だが難点もの画像1
コメダ「シロノワール ブラックサンダー」チョコのかかったパンの上に大きいソフトクリームが!

 ゆったりとくつろげる店内空間とブレンドコーヒーが楽しめる愛知県名古屋市発祥の喫茶チェーン店「珈琲所 コメダ珈琲店」。2022年5月末現在、全国に950店舗以上の店舗を展開しており、休憩や食事、仕事で利用する機会がある方も多いのではないだろうか。

 コメダといえば食事メニューも充実していることで有名。そして、そのボリュームは「写真より大きい」といわれるぐらい良い意味で客を裏切るサイズとなっているのだ。なかでも、「シロノワール」(税込、以下同/地域によって値段が変動670~740円)はコメダの看板メニューのひとつ。職人が丁寧に織り込んだ64層ものデニッシュパンに冷え冷えのソフトクリームとメープルシロップがかけられたコメダオリジナルの逸品。ホールサイズでフワフワとした食感のパンに甘くて冷たいソフトクリームの相性ぴったりで、ボリューム的にも美味しさ的にも大満足なメニューなのである。

 そんなシロノワールが、なんと有楽製菓の人気チョコレート菓子「ブラックサンダー」とコラボし、「シロノワール ブラックサンダー」(800~860円)として11月22日に発売されることになった。新たにブラックサンダーの特徴であるザクザク食感のクッキー生地と甘くねっとりとしたチョコソースがたっぷりかけられており、見た目的にかなりボリューミーな一品に仕上がっている。

 発売されるや否や、さっそくTwitterでも話題になっており、なかでも「写真の5倍くらいチョコレート滴って震えてる」というツイートは11月23日時点で19万以上のいいねを獲得するバズりぶり。

 非常に美味しそうだが、先述したとおりコメダのメニューは特大ボリュームなものが多く、ひとりでは食べ切れないかもしれない。しかも、チョコとアイスクリーム、デニッシュパンとなると、食後に胃もたれや胸焼けしてしまうのではという懸念も……。そこで今回は、発売初日に成人男性である筆者ひとりで「シロノワール ブラックサンダー」を注文してみたので、そのクオリティやコスパを忌憚なくレビューさせていただく。

チョコ尽くしの巨大デザートが現る

 今回訪れたのは、京王線武蔵野台駅から徒歩5分ほどの場所にある「コメダ珈琲店 府中白糸台店」。店舗周辺が閑静な住宅街となっているため、駅からすぐ近くに位置するものの道中の人通りは少なかった。実際、筆者が訪れた午前10時ころは、店内も客はそこまで多くなかった。

コメダ新作「シロノワール ブラックサンダー」実食!衝撃の美味だが難点もの画像2
ブラックサンダーらしい派手な宣伝

 店員に席へと案内され、お目当ての「シロノワール ブラックサンダー」を注文。メニュー表一式の中には、「圧倒的チョコ感!」と謳った本品の紹介ページもあり、食べる前からその“チョコ加減”に期待が膨らむ。

コメダ新作「シロノワール ブラックサンダー」実食!衝撃の美味だが難点ものページです。ビジネスジャーナルは、ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!