NEW

【G1回顧・NHKマイルC】やはりメジャーエンブレムは強かった!! 「彼女らしい走りを」C・ルメール騎手が会心のレースで「桜」のリベンジを果たす!

mejorxs.jpg競馬つらつら」より

「本物」の女王メジャーエンブレムが帰ってきた。

 8日に行われた第21回NHKマイルC(G1)。並み居る強豪牡馬を押し退けて3歳マイル王に輝いたのは、1番人気の2歳女王メジャーエンブレムだった。

 単勝1.5倍に推されながらも、本来の積極的な競馬ができないまま4着に敗れてしまった前走の桜花賞(G1)。その借りを返すために、鞍上のC・ルメール騎手を始めメジャーエンブレムの陣営には相当な覚悟があったはずだ。

 勝つにしろ負けるにしろ「今度こそ、後悔なき走りを――」そんな誓いを胸に秘め、迎えたNHKマイルCは、まさにリベンジの一戦。女王としての貫録を取り戻すためにも、負けられない戦いだった。

 その上で、戦前から「最も重要」といわれていたのが、スタートだ。

 メジャーエンブレムはまずまず良いスタートを切ったが、シゲルノコギリザメを始め、このレベルになると他にもダッシュ力の高い馬が揃っている。スタートからすぐに抜け出せない姿を見て、桜花賞の”悪夢”が一瞬過った人もいるかもしれない。

 しかし、ここでルメール騎手が手綱を押してハナを主張。実は、これまでのメジャーエンブレムの逃げは、その抜群のスタートセンスとスピードの違いで「結果的に逃げる形になった」だけであり、この積極性は今までのメジャーエンブレムのスタートにはなかったパターンだ。

 だからこそ、それだけ鞍上の「メジャーエンブレムらしい走りを」という気持ちが伝わってくる一幕だったといえるだろう。

「決意」のハナを切ったメジャーエンブレム。主導権争いで最大のライバルと目されていたシゲルノコギリザメ、内から好スタートを切ったシュウジらが控えたことは、彼女にとって極めて大きなアドバンテージとなった。

 メジャーエンブレムにとって、理想的な単騎逃げ。前半の3ハロンが「34.3」秒、1000m通過が「57.7」秒。一見、オーバーペースにも見えるが、実はメジャーエンブレムが理想していた2月のクイーンC(G3)の前半の3ハロンが「34.4」秒、1000m通過が「57.8」秒なのだから、ほぼ完璧と述べて良い内容だろう。

 あえて言葉を選ばなければ、前に有利なこの日の東京の馬場コンディションも踏まえ、この時点で「勝負は半ば決した」と述べても過言ではないくらい、メジャーエンブレムにとって完璧な前半戦だったといえる。

 各馬の隊列に大きな変化もないまま4コーナーを回り、最後の直線へ。馬群が一気に凝縮され、2番手のシゲルノコギリザメも果敢にメジャーエンブレムに並び掛けるが、向こうはまだ手綱を持ったまま。

 後ろの先行馬が軒並みスパートに入っているにも関わらず、逆に馬なりのままのメジャーエンブレムに突き放されていく。完全な”勝ちパターン”に入ったかのように見えた。

 ただ、それでもギリギリまで追い出しを我慢するルメール騎手。大レースの勝ち方を知っている名手のクレバーな判断は、残り200mを切った後に大きくものを言うことになる。

【G1回顧・NHKマイルC】やはりメジャーエンブレムは強かった!! 「彼女らしい走りを」C・ルメール騎手が会心のレースで「桜」のリベンジを果たす!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?