NEW

風呂水はNG?ご近所付き合いがカギ?「中高年のための防災」を専門家に聞く

文=松嶋千春/清談社
【この記事のキーワード】

, ,

風呂水はNG?ご近所付き合いがカギ?「中高年のための防災」を専門家に聞くの画像1
2020年7月の熊本豪雨の被災地の様子(「gettyimages」より)

 毎年のように大規模な豪雨災害が発生し、小規模地震も頻発する災害列島・日本。南海トラフ巨大地震や首都直下地震の発生も確実視される昨今、高齢者の親に自身の世帯と守るべきものが多い中高年世代は、どういった備えが必要か。

中高年のための「読む防災」 一度読んでおけば一生安心!』(ワニブックス)の著者である災害危機アドバイザーの和田隆昌氏に、災害の特徴や防災のポイントについて聞いた。

山間地や河川周辺は水害リスクが大

 2017年の九州北部豪雨、18年の西日本豪雨、19年の千葉県豪雨、そして20年の熊本豪雨と、近年は毎年のように各地で豪雨災害が発生。河川の氾濫や土砂崩れ、浸水被害が起こり、数十名規模の死者が発生するケースもあったが、そのような甚大な被害に至る要因は何なのか。個々人の避難の判断によるところもあるだろうが、和田氏によれば、水害は自己責任論では片付けられない問題をはらんでいるようだ。

「水害というのは、基本的に地形の問題であって、被害の度合いは生活する地域や自宅周辺の環境が大きく影響してきます。今、大雨の降りやすい山間を切り崩して、どんどん住宅地に変えてしまっています。山間地や扇状地(山からの土砂により形成された土地)は土地代が安いため、リスクの高い場所に住んでしまう人はどうしても出てきてしまいます。法制度をもう少し厳しくしないと、そうした危険な土地に住む人は今後も絶えないでしょうね」(和田氏)

風呂水はNG?ご近所付き合いがカギ?「中高年のための防災」を専門家に聞くの画像2
『中高年のための「読む防災」 一度読んでおけば一生安心!』(ワニブックス/和田隆昌)

 21年7月の伊豆山土砂災害では、死者22名、行方不明者5名、半壊・全壊の家屋が131棟という甚大な被害が出た。和田氏によれば、土砂災害は人為的要素が関わる場合が多いというが、伊豆山のケースでは、土砂の崩落の起点に大量の建設残土が廃棄されていたことが明らかになっている。

「現場に行けば一目瞭然ですが、山が海岸に迫る急峻な斜面を住宅地として切り開いた場所のため、(大量の降雨など)条件が揃えば土砂災害は発生しやすい環境にあり、ハザードマップの警戒区域にも指定されていました。山頂から流れる川沿いに大量の土砂が流れ落ち、その周辺の家屋が全壊・破壊の被害に遭っています。その起点に盛り土をして長年放置されたことが被害を拡大させたと推測されます」(同)

 伊豆山周辺の同様の条件の斜面では軽微な土砂崩れは恒常的に発生していたが、このような大規模な被害は初めてのことだった。

「降雨量の増加は全国的に右肩上がりで、土砂災害の発生件数は全国的に上昇傾向にあります。同様の傾斜地では、これまで被害がなかったとしても発生する可能性も考えないといけません」(同)

 山間地や扇状地のほかにも、水害リスクの高い土地があるという。

「河川の周辺や低地、または傾斜地などが近い場合には水害・土砂災害のリスクが高くなります。ハザードマップなどで、まずは周辺にどのようなリスクが存在するかを確かめることが重要です。また、水害に対しては何よりも早く正確な情報収集が効果的。リスクを感じる地域では普段から気象情報に留意し、早めの避難行動をすることで生命の危機は回避できるでしょう」(同)

『中高年のための「読む防災」 一度読んでおけば一生安心!』 巨大地震や豪雨水害は必ず起こる! 高齢者や要介護者、小さな子どもを避難させるために必要な知識と準備を専門家がわかりやすく解説。あなたと家族の命を守る一冊。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合