花王のニュース

NEW

オーケー、驚異のエブリデイ・ロープライス経営の秘密…大手メーカーとの軋轢も厭わず

花王の長谷部佳宏社長は2月3日、オンラインで行った決算会見で、原材料価格の高騰...

NEW

「ニベアと混ぜるとシミが消える」は違法?薬機法のみならず景表法にも違反か

世界的なスキンケアブランドとして抜群の認知度を誇る「NIVEA(ニベア)」。そ...

NEW

花王の逆襲…「アタックZERO」圧勝で業界一変、アルコール消毒液20倍へ増産可能に

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日常生活が大きく変化した。マスク、手洗い、...

NEW

紙おむつ“素材”市場、また中韓メーカー台頭で世界的戦乱状態…日本連合が圧倒的シェア1位へ

紙おむつには、尿などを効率的に吸い取る高吸水性ポリマー(SAP)が使われている...

NEW

日本企業の優れた技術、世界市場席巻の無限の可能性…“もったいない現状”の脱却策

日本企業には多くの優れた技術・製品がありますが、国内市場での競争ばかりに目が向...

NEW

資生堂、空前の繁栄…客に異例の購入制限措置

日本百貨店協会のインバウンド(訪日外国人客)推進委員会がまとめた2018年3月...

NEW

花王、アタック&ビオレ&メリーズ爆売れで利益2千億円達成の快挙…遠い巨人・P&Gの背中

花王が消費財メーカーとして初めて、「2000億円企業」に仲間入りする。2017...

NEW

「卓越企業」ユニ・チャームの挫折、失速は不可避…「非常識的高収益」コカ・コーラとの違い

2016年12月2日付日本経済新聞に「誤算の研究(3) ユニ・チャーム 成功体...

NEW

歯磨き&用具選びは間違いだらけで無意味だった!深刻な歯抜けで食の楽しみ失う

その昔、「芸能人は歯が命」というキャッチコピーのテレビCMが人気を集めたが、ビ...

NEW

花王アジエンス、大ヒットの秘密はヘルシア緑茶や柔軟剤のノウハウ活用?革新的な開発体制

「イノベーション力の高い企業」と聞いて、どのような企業が思い浮かぶでしょうか。...

NEW

最高益・花王が抱える「深刻な問題」と「疫病神」

花王が化粧品事業の立て直しに動き出した。花王は8月26日、化粧品事業の看板ブラ...

NEW

世界の巨獣P&G、日本へ本気の攻勢始動 花王とライオンは「蹴散らされる」のか

米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G、本社:シンシナティ、オハイオ州)は、...

NEW

超優等生・花王の怠慢 P&Gとの「ケタ違い」の差を生んだ「やる気のなさ」

7月26日、日本経済新聞社は2014年の「主要商品・サービスシェア調査」(対象...

NEW

化粧品ポーラの奇跡的成長の秘密 前代未聞の破壊的“感激”経営 一訪問販売会社から変身

化粧品メーカーの業績が出そろった。上位5社それぞれのビューティケア事業を抜き出...

NEW

中国人、日本に殺到しオムツ買い占め争奪戦…アジアで人気爆発、花王らの業績押し上げ

一昨年ごろから、ドラッグストアなどの紙オムツ売り場に中国人が殺到する騒動が日本...

NEW

劣化する資生堂 シェア低下深刻化と海外事業の大誤算、得意の販売戦略通用せず

資生堂が招聘した「プロ経営者」への初採点は、厳しいものとなった。資生堂は10月...

NEW

アジア銘柄、なぜ人気で株価好調? ユニチャーム、花王…アジアの人口・所得増で稼ぐ

株式市場にはアジア銘柄と呼ばれる銘柄がある。アジアで稼ぐ企業の株式のことだ。投...

NEW

最高益・花王の憂鬱~経営刷新で見せた、白斑問題の子会社カネボウ買収失敗のケジメ

子会社のカネボウ化粧品が起こした美白化粧品で肌がまだらになる白斑問題が、花王の...

NEW

「カネボウ」ブランドは消えるのか?花王による“遅過ぎた”事業統合の舞台裏

花王は子会社・カネボウ化粧品の生産・研究・販売部門を、花王に統合させる方針を打...

NEW

カネボウ、白斑問題「美白」で新商品?書類捏造を追求しないメディアと厚労省の後ろめたさ

「どうかしているとしか思えない。被害者が1万5000人にも上る事故を起こしたら...

NEW

カネボウ白斑問題、“親会社”花王の対応に賛否両論〜積極的対応にリスクの懸念も

カネボウ化粧品の美白化粧品で肌がまだらに白くなる「白斑」被害が相次いでいる問題...

NEW

高島彩のメイク落としCMは本当にすっぴんか? 花王に直撃!

女性タレントの場合、メイクでかなり素顔がヴァージョンアップされている方が多い。...