マツダの最新ニュース記事 まとめ

(76件)

 1920年(大正9年)、広島市に東洋コルク工業が設立され、27年に東洋工業に社名変更された。60年に乗用車「マツダ・R360クーペ」を発売し、以降、車両に「マツダ」ブランドが使用されるようになる。68年に同社社長の松田恒次が、49年に広島県や広島市などの出資で結成されたプロ野球団「広島カープ」の筆頭株主に就任。「広島東洋カープ」に改名した。79年に米国フォードがマツダの株式25%を買収。84年に社名をマツダに変更した。

 96年に初の外国人社長としてフォード出身のヘンリー・ウォレスが就任した。その後、フォードはリーマンショックによる業績悪化で2015年までにマツダの所有株を全て売却した。

 現在はトヨタ自動車との関係が強く、同社がマツダ株式の5.05%を所有する。

レクサス・RXの3列シートが人気…SUV市場は高価格化が顕著、マツダや日産も

「レクサスRXの3列シートが人気だそうですね」  そんな声を頻繁に耳にする...

マツダ、歴史的な「ラージ商品群戦略」…時代に反する大排気量化でも燃費性能は向上

マツダが歴史的ともいえる戦略を打ち出した。それは「ラージ商品群戦略」だ。SUV...

トヨタの介入も取り沙汰…マツダ、次期社長候補が退任で社内に激震

マツダが5月25日に発表した役員人事が波紋を広げている。代表権を持つ副社長兼C...

NEW

マツダ、世界の潮流に抗う「CX-60」投入…内燃機関で驚異的な燃焼効率を実現

マツダが飛躍のためのラージ商品群戦略を発表。その内容は、メーカーの常識を超えた...

マツダ・ロードスター、軽量化で類稀なフットワーク獲得…増量せず走りの質は向上

マツダ「ロードスター」が、現行ND型最軽量マシンを発表した。徹底したダイエット...

トヨタ「2030年にEVを350万台販売」は非常に無理があると考えられる根拠

EV(電気自動車)ネガティブのトヨタ自動車が、大変身を遂げた。2030年には3...

NEW

マツダ、SUV市場への殴り込み戦略…CX-5の大胆変更に透ける、期待度の高さ

日本全国にとどまらず、世界各地でSUV(スポーツ用多目的車)が隆盛なのは明らか...

マツダ、コロナ患者搬送車が頼もしすぎる!第6波への備え、全国に配備広がる

新型コロナウイルスの感染収束が急がれるなか、マツダが開発した「新型コロナウイル...

NEW

アップルEV、生産委託先に「マツダ」が取り沙汰…高いデザイン性、米国工場の生産余力

米アップルが2020年代半ばにも発売する予定の電気自動車(EV)「アップルカー...

NEW

ついにマツダが初のEVを発売…”EVらしさ”は皆無、「MX-30」は今後のマツダを牽引

“内燃機関のマツダ”が開発した初のEV(電気自動車)モデルは、質実剛健で慎まし...

NEW

マツダ、“年次改良”で驚異的な性能アップ…CX-5、アクセルペダル改良で走りが劇的変化

 マツダが「年次改良」のシステムを採用してから久しい。  一般的に高費用と...

NEW

クルマ好きを熱狂させる中古の名車9選!トヨタ・A80スープラ、マツダ・NAロードスターも

中古車情報メディア『カーセンサー』(企画・制作 株式会社リクルートマーケティン...

NEW

BMW 320d x-DriveツーリングMスポーツで腰痛ナシ!よいクルマはシートだ

人によって「よいクルマ」の条件は変わるものだ。たくさんの人や荷物を載せたい。迫...

NEW

マツダ新型「MX-30」、型破りな“観音開きのSUV”で勝負!狭いが走りは驚異的に上質

マツダがリリースした新型「MX-30」は、個性豊かなつくり込みにより世間の話題...

NEW

新型「ハリアー」はトヨタ版のマツダ「CX-5」か?…“他社のいいとこ取り”戦略冴えわたる

新型「ハリアー」の評判がいい。そもそも市場的にSUV人気が継続している上、とに...

NEW

マツダ、創立100周年を機に“大衆車”から脱却か…全モデルに記念モデル設定、ブランドも一新

マツダが創立100周年を迎えた。創業は1920年というから、まさに世界の自動車...

NEW

マツダ、モータースポーツ挑戦の原動力になった欧州レースの舞台裏

前回は前編として、1968年の「マラソン・デ・ラ・ルート84時間レース」にコス...

NEW

マツダ、ロータリーエンジンで欧州レース参戦の知られざる秘話…貴重な記録の数々

ロータリーエンジン(RE)車による1968~70年の欧州レースへの挑戦はその後...

NEW

マツダ、グローバル戦略の裏側…車名変更だけじゃない!基本性能も世界的レベルに到達

「マツダ2」――。この名を耳にして、にわかにキャラクターが想像できる人は、相当...

NEW

小さなマツダが世界一のSKYACTIV-X生んだ“常識外れの”モデルベース開発手法

新型エンジン「SKYACTIV‐X」搭載の「MAZDA3」が2019年12月に...

NEW

マツダSKYACTIV-X、世界震撼のガソリンエンジン性能向上達成への10年間の戦い

新型エンジン「SKYACTIV‐X」搭載の「MAZDA3」が2019年12月に...

NEW

トヨタ、“全方位で他社提携”戦略へ転換…EVでも世界一へ、なりふり構わず“勝ち”に固執

最近、トヨタ自動車が国内外の企業との提携を積極的に進める姿が目立っている。同社...

NEW

マツダCX-30は“私のカーオブザイヤー”…デザイン、質感、パッケージングに加えて走りも魅力的

世はまさに「クロスオーバーSUVブーム」と言ってもいいぐらいにクロスオーバーの...

NEW

東京モーターショー2019を勝手に総括…入場者100万人への疑問と長すぎる待ち時間

第46回東京モーターショー2019の12日間の会期が終わり、11月4日に閉幕し...

NEW

マツダ、最強のEV開発…秘策はロータリーエンジン技術、航続距離を劇的に伸長

マツダは、10月24日から11月4日まで開催されていた東京モーターショーで、同...

NEW

覚えてる? 若者の心をグッと掴んだ伝説のスポーツカー「ユーノス・ロードスター」

今回のテーマは、「ユーノス・ロードスター」。当時縮小していたライトウェイトスポ...

NEW

マツダ新型CX-30 「夢のエンジン」に50~100万円アップの商品価値があるのか?

9月20日、マツダの新型SUVであるCX-30が発表された。CX-3とCX-5...

NEW

マツダ、「世界的ブランド」へ成長の裏に1人のベルギー人の存在

世界的な自動車ジャーナリストでレーシングドライバーのポール・フレールさん(以下...

NEW

スズキ、不正発覚で大量リコールでもCM自粛せず…89歳・鈴木会長の40年独裁経営の歪み

2018年夏に発覚したスズキの排ガス・燃費の検査不正は、ブレーキなど安全性能に...

NEW

老舗の自動車部品メーカー「molten」開発のサッカーボールが、欧州リーグ公式球になった理由

サッカーボールはなぜ正六角形と正五角形でできているのか。理由はおそらく、発祥当...

NEW

国産車の安全装備を一挙比較…レクサスLSは最も先進的、スバルは専門機関が高評価

痛ましい交通事故が相次いで報道されている昨今。追突事故を低減させ、誤ったペダル...

NEW

マツダ、世界がひれ伏すデザイン美を支える、世界最強の「金型製作部」

マツダ本社工場の一角には、機械加工がすんだ金型が並べられている。これを造形を崩...

NEW

マツダ、新法則に基づく「CX-30」に込めた野望…あえてCX-3とは“別車種”と強調の事情

マツダは今年、2台の新型車をデビューさせる予定になっている。1台は「アクセラ」...

NEW

ハスラーやジムニーなどスズキ車のデザインが、本末転倒な他社をあざ笑うかのように自由な理由

前々回の本コラムでは、クルマの顔を示す各メーカーの取り組みを紹介したけれど、い...

NEW

マツダ、部門間の縦割り意識を生まない“あり得ない取り組み”…無敵のデザイン美の秘密

マツダ広島本社工場の工機部門内にある、「ツーリング製作部(Tool & Die...

NEW

世界で唯一無二の「マツダのクルマ」を生む、データの限界を突き破る開発手法の全貌

呉羽は1985年にマツダに入社、塗装技術部門に配属された。88年の社内公募に手...

NEW

マツダ、“比類なきデザイン美”を生み出す、他社とはまったく異なる開発手法の全容

マツダ広島本社の広大な敷地には、組立工場、塗装工場、プレス工場、エンジン組立工...

NEW

マツダ、世界中のプロを圧倒する「デザイン美」の秘密…唯我独尊という技術者の覚悟

マツダは2012年以降、初代「CX-5」を皮切りに、新型「アテンザ」や「アクセ...

NEW

マツダ、デザイン革命の10年間の全真相…当事者たちの告白

世界販売台数約160万台と、トヨタ自動車の6分の1にも満たず、世界シェアではト...

NEW

マツダ・RX-8が中古車市場で圧倒的人気の理由…スズキのジムニー&ワゴンRも大躍進

中古車情報メディア「カーセンサー」(リクルートマーケティングパートナーズ)が「...

NEW

スバル&マツダ車からトヨタ&輸入車へ移る人が多い理由…日本車、魅力消失の危機?

本連載前回記事で、かつては“ぜいたく品”というイメージが強かった輸入車が地方で...

NEW

マツダ、欧州ディーゼル車から撤退すべきだ…ロータリー・エンジン過信で経営危機の二の舞

ヨーロッパの環境規制強化を受け、日本の自動車メーカーは大部分がディーゼル車市場...

NEW

中古車、人気トップにマツダRX-8!2位はアルファード、ハリアーは6位転落

1位はマツダの「RX-8(初代)」、続いてトヨタ自動車の「アルファード(現行型...

NEW

死にたくなければスバルとマツダに乗るべき?軽はボディがペラペラ?安全な車種リスト

今年8月に愛知県春日井市で起きた超高級車ベントレーと軽自動車の衝突事故は、全国...

NEW

世界自動車の主流・EV、中国国有企業が市場独占へ…トヨタとマツダ、焦りの提携

2015年の包括提携から約2年を経て、トヨタ自動車とマツダが資本提携に踏み込ん...

NEW

いがみ合うトヨタとマツダの「弱者連合」…世界的にEV主流化、「乗り遅れ組」同士の提携

トヨタ自動車とマツダは8月4日、資本提携することで合意したと発表した。約2年前...

NEW

広島カープ、空前の売上・利益達成…黒字優先で選手放出&低迷、マエケン移籍金を巧妙活用

広島東洋カープは1991年以来、25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした。今シーズ...

NEW

トヨタとマツダ、深まる亀裂…トヨタ、傷付けられたプライド

マツダが1トン・ピックアップトラックの自社開発・生産から撤退し、いすず自動車【...

NEW

トヨタのプリウスもディーゼルも、絶滅の危機か…CO2規制強化でPHEVが市場席巻か

2021年までには、相当の勢いでプラグインハイブリッド車(PHEV)がEU(欧...

NEW

中国人が日本車買わないのは、反日暴動で標的になるから?トンチンカンな中傷蔓延

中国で、日本車が売れに売れている。日産自動車、マツダ、本田技研工業(ホンダ)の...

NEW